逓減定期という種類の保険につく特約なのか、それとも

逓減定期という種類の保険とか特約がありますがぁ、と書くと、保険に詳しい人から「種類ではなくて保険の型だ」とかなんとか指摘を受けそうです。
ま、そういう硬いことはなしにして、ここで私が思っていることは、逓減定期保険につけることが出来る特約なのか、他の主契約につける逓減定期という特約なのかということです。
要するに、独立した商品なのか特約なのかというところ。


逓減定期という種類が出てくると、今まで定番であった・終身保険・定期保険・養老保険にプラス新しい種類の保険が出来たかのような気がしますが、内容からみると新しい種類というより従来の・終身保険・定期保険・養老保険の保険金の額に逓減がなされるという感じの、オプション(特約)的な性格のほうがふさわしいような気がします。


しかし!保険会社各社はオプション(特約)としてではなく、独立した逓減定期保険というものもイチオシで売り出しているもよう。
契約後に年数を経るほど保険金が下がることよりも、契約して数年以内がもっとも保障額が高いほうがいい人にとってはタイムリーで魅力的な商品です。
保険料も安めですし。


かたや、すでに加入している従来からの商品にこの逓減定期保険特約がつくと助かるという人もいるから、低減的保険特約というオプション(特約)を扱う保険会社も多いようです。
何にせよ、保険は息の長い商品なので、新しい保険が出てくるたびに既存の顧客に不平等感を与えないようにするのは大変そうだなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。