逓減定期保険に対して逓増定期保険

逓減定期保険の反意語のような感じで逓増定期保険というのを発見。契約開始から年を経るごとにだんだん保険料が増える必要がある人ってどんな人?という感じですね。逓減定期保険に見られるように、普通は、扶養家族に対する経済的責任は年を経るごとに経るのが一般的ですから、逓増定期保険の用途がわかりません。


う〜ん、増えないと困る場合とは、いったい…。


一般的サラリーマンの私には考えても思いつかないので、さっさと調べちゃいました。
すると、逓減定期保険はご家庭でも一般的ですが、かたや、どうやら逓増定期保険は普通の個人が加入するものじゃなさそうです。
最も多い利用の仕方としては、法人(会社)が社長や役員および社員といった人々に支払う退職金の準備として加入するというものだそうな。

最終的に会社から退職金をもらう人物を被保険者として会社が加入して、保険料を会社が払い、定年を迎えた時に解約払戻金を会社が受け取ってこれを退職金に充てるという仕組み。


この、逓増定期保険を利用する退職金準備が実は経営にとってもプラスになるので、最近めきめきと加入数を延ばしているらしい。そのプラスになるポイントとは、保険料が、ある一定の条件下においては全額損金算入できる点。要するに必要経費として計上できるということですね。さすがは、生活者の些細なニーズから税法まですべてを守備範囲として商品開発をすると言われている保険会社です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。