逓減定期保険の逓減率

逓減定期保険の逓減率っていったいどのくらいなのでしょう?。加入者が自由に選択できるものなのか、はたまた、もともと決まった率が設定されている中から選択指定するものなのか、とても気になりませんか?。とうやら多くの保険会社では、もともと決まった率から選択指定するもののようです。3%もしくは5%から選択するとか、そういった感じです。


そもそも逓減定期保険で言うところの逓減率って何の率なのでしょうか。これは契約開始時点の保険金額に逓減率を掛けた分が、1年ごとに保険金額から減っていくというものです。言い換えると、逓減率=1年ごとの保険金額の目減り分÷契約開始時点の保険金額です。例えば、逓減率3%の場合、加入した年の保険金は2000万円とすると、次の年は2000万円−(2000万円×0.03)=1940万円です。


ところで、逓減定期保険は年を経るごとにどこまでも減り続けるのか?

というとそうではないらしい。契約時の保険金額の規定の割合まで減ったら、以降は逓減せずに一定というのが定番。その割合は保険会社や商品にもよるけど、40%とか20%とさまざま。


考えてみれば、満期にそのくらいの額は戻ってきて欲しいですよね。逓減定期保険であるからだんだん保険金が減っていくことは覚悟(?)してますけど、長年保険料を払い続け、いよいよ満期というときにゼロ円というのは寂し過ぎます(ToT)。何歳になってもご褒美は欲しいものです(*^^)v。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。